So-net無料ブログ作成
検索選択

子供のヘディングについて01 [ジュニア]

随分としばらくぶりの投稿になります。
一旦書けなくなる(時間の関係で)とずるずると書きたいことがあって書く時間が出来てもブログアップすることから遠くなってしまうものですね。

さて、ヘディングについてです。
僕の子供小学生時代、体が小さかったのです。首なんか僕の親指くらいしかないんじゃないの?くらいなもんで(笑)

数年前ヨーロッパで子供のヘディングの是非について議論が起こった事がありました。子供にヘディングさせてはいけない、という医師の提言からです。

曰く「バカになってしまうよ」です。

IQで5ポイント低下する、とか10ポイント低下する、とかの議論が巻き起こりました。
当時それを知った僕は息子に「ヘディングしなくていいぞ、バカになってしまうそうだ」と伝えました。
息子はヘディングは痛いので嫌いだったせいか喜びました。
そして小学校卒業するまでヘディングをしない選手になってしまいした。

ヘディングは体が大きくなり首が太くなったら練習すればいい、くらいに考えていました。
ヘディングの衝撃はかなり大きいので息子の細い首ではその衝撃を受け止めきれず、ヘディングの度に脳を揺らしまくってしまうのではないか、と考えたからです。

詳しい数字は忘れたので興味のある方は検索してくださると助かりますが、大人であってもヘディングが年に2万回を超えるとIQが5ポイント低下する、という説も出てきます。
2万回なんてしない?
いいえ、小学生でもこの数を上回っている子は大勢います。
1年365日で年間300回練習したとします。一回の練習(試合)で70回ヘディングしたら2万1千回です。
毎練習毎にヘディング練習をするチームありますよね。
2人一組になり一人が離れた場所からボールを投げ、それをヘディングで返す。当たり前のように一人30回や40回なんて超えてしまうヘディング練習をしているチームは普通にたくさんあります。
子供のあの細い首です。大人で2万回でIQが5ポイント減るなら半分の1万回で10ポイント減ってもおかしくないんじゃないか?・・・・僕はそう考えたのです。

ヘディングをしない選手・・・・僕の息子はそういう選手でした。足元だけの選手です。

体が大きくなったらヘディングすれば良い、はサッカー選手として大きな間違いであったことに最近気づきはじめたのが今日の話です。

息子は現在、背も高くなり首もヘディングしても折れないな、くらいには成長しています。試合中普通にヘディングするようになっています。

しかし、下手糞にも程があるだろ!と突っ込みを入れたくなる始末。一向にヘディングが上達しません。
先日も2列目からクロスに飛び込んでヘディングするシーンが前半だけで3回もあったのですが、フリーなのに3回ともボールは枠にも行かず明後日の方向に・・・(笑)

怖くて目をつぶって打ってるんですよ。

そこではっ!!と思い出しました。ゴールデンエイジの話です。このブログでも以前書いたことがあったと思いますが、技術習得期間としてゴールデンエイジ(10歳~13歳くらいまで)に身につけておかないとサッカーの基礎技術は習得できないんだった・・・!!足元だけの話じゃないんだな、ヘディングも同じことなんだ、と。
息子はゴールデンエイジを過ぎた今、ヘディングが上手になることはないのか?
いやいや、頑張ってたくさんヘディング練習すればまだ間に合う
まてまて、バカになっては困るよ!
それじゃこのままヘディング下手糞な選手のままか?

・・・・・・・・・・・

困りましたなあ・・・・・


続く

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

高木

更新お待ちしてました。
また楽しいお話しよろしくお願いします。
by 高木 (2015-05-28 23:19) 

brazuca

高木さま

これだけ長い間更新していなかったのに、更新してすぐにこうしてコメントいただけたこと、感激しています^^
今後は更新していなかった時期に書きたいと思っていたことがたくさんありますので、それを書いていこうと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。


by brazuca (2015-05-29 01:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。