So-net無料ブログ作成
検索選択

育成機関として機能していないJ下部ジュニア 05 [少年サッカー]

前回の話の続きですが、息子の話を少し。
息子は今ユース年代ですが、某高校サッカー部に所属しています。
何軍まであるのよ?というくらい大きなサッカー部です。
Jジュニアユース出身者がずらりのサッカー部です。

先日3軍とか4軍のゲームを見る機会があったのですが、上手な子がいっぱいいるんですよ。ドリブルとか見てるとなんでトップチームに入れないの?と思うような子。
よく観察してみると、トップチームやセカンドチームと何が違うってそれは顔を上げてプレーする時間です。
そこはやはりトップチームの子達は常に顔を上げてプレーしています。

息子との会話。「○○番の子(背番号です)上手いじゃん、なんでトップチームに入れないの?」
「何度か呼ばれたことあるよ。でも周り見れないからトップチーム入ると浮いちゃうんだよね。連動して動けないから、ボール持ったまま詰まっちゃうパターンになる。」
「なるほど。相手が強くなるとそうなるかー」
「相手のディフェンス強いとそんな簡単にドリブルできないよ。」ですと。

ま、そうなりますね。

余談ですが、トップチームのレギュラーにJ下部出身者は3~4人のようです。全部で20人以上いるにもかかわらずです。

そして先日そのトップチームで左サイドでレギュラーをはってる子が上がれなかったJユースと対戦したのですが、うちの高校が勝ちました。その子が左サイドで相手右サイドバックを翻弄したおかげで。
しかし、勝ちはしましたが相手Jユースの選手の質の高さも再認識させられました。


何が言いたいのかって、それは、つまり、やはり育成機関という言葉に惑わされてはいけないということ。育成機関とは、育成(年代の子供だちが成長するために一時期籍を置く)機関ということなんです。
それ以下でもそれ以上でもない、と私は思っています。

それでは、この話の最初は2015年の7月でしたがいったんこの話は終了します^^


時間かかったなあ(笑)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

ふぁんたじすた

うちの地区のJ下部も育成機関として機能していない気が。
特にジュニア(U-12)はひどいです。
ジュニアユース(U-15)に上がるのは毎年数名。1名の年も多い。
そういえば、ボール扱いは上手いんだけど、って選手が多いです。
弱いチームには大差で勝てるけど、プレッシャーの強いチームには勝てない。
セレクションしてるのに、県でベスト4からベスト8ぐらい。
セレクションがあるチームの中では一番弱いんではないかな。
by ふぁんたじすた (2016-08-20 13:45) 

りょうの親父

再開、待っておりました(笑)
顔を上げる練習、うーむ、コーンドリしながら私が指を出して、何本?くらいしかやれてません・・・
話は変わりますが、2013年11月29日の記事、C君が現在どうされているのかが、非常に興味あります。
よろしければ、教えて頂けたら幸いです。
by りょうの親父 (2016-08-22 07:44) 

brazuca

>ふぁんたじすた様

J下部と言っても色々ですからね。
大体J3まで入れると一体全国に何チームのJ下部ジュニアがあるのやら・・・
現実的にJ下部のジュニアより強い少年団は山ほどありますし。
コーチの質について、ちょっと書きたいなーと前から思ってたことがあるので、書いてみますね。

>りょうの親父様

長い間お待ちいただいて感謝感謝感謝です!
ありがとうございます!

C君ですが、現在誰もが名前を知ってる強豪高校にスカウトされサッカー選手として順調に成長しているようです。
彼の親父が「寮に入っちゃって俺の手から離れちゃったよ・・・」と寂しそうにしていました(笑)

by brazuca (2016-08-25 07:23) 

高木

お久しぶりです。
ぜひブログ続けて下さい。
楽しみにお待ちしております。
by 高木 (2016-09-06 03:04) 

もー父

再開していただき嬉しいです。
まぁユースまでのサッカースタイルとトップチームのスタイルが真逆なチームも多くある現状は、アカデミー自体がヨーロッパで見るような育成機関として機能してないということでしょうね。
J下部に入ればサッカー安泰って訳じゃなく、そこからが本当の競争でしょうし。

by もー父 (2016-09-13 12:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。