So-net無料ブログ作成
検索選択

成長による進化 [少年サッカー]

小学生5,6年~中学校1年生までに第二次性徴を迎えますが、まだの場合身体的には子供のままです。成長のスピードはそれぞれですし、遅くても早くてもあまり通常は問題になりませんが、ことサッカーに関して云うと不利な場合が多いですね。

ジュニア~U13くらいまでは大人の体つきになりつつある子と依然として子供の体つきの子が混在するサッカーとなります。
去年の全日小の決勝戦をネットで見ましたが、子供の中に大人が数人入っているような状態でした。鹿島名古屋の決勝戦でしたが、鹿島の170センチ以上ありそうなディフェンダーのヘディングでの得点など、成長スピードが速いが故の得点と言えそうです。
どうしても、フィジカル優位の子が勝ってしまう傾向があります。


小学校時代同級生だったA君とB君の話を実例で紹介します。

A君は某J下部のジュニアに所属していました。身体も大きく足も速くチームでもFWとしてレギュラーでした。
B君は近所の少年団に所属し、MFのサイドとして頑張っていましたが、身体が小さく細かったし、遠慮がちな子だったので余り目立つ子ではなく地区トレセンはおろか市トレセンにも落ちるような子でした。

A君はジュニアユースに内定が出ていたそうですが、お父さんの転勤に伴い引っ越すことになり該ジュニアユースで活動できなくなり転勤先の中学の部活に進んだそうです。
しかし、お父さんの転勤は予定とは異なり1年で終了、戻って来ることになりました。ジュニアユースは受け入れてくれることになったそうですが、本人が部活でやりたい、と言い出しました。転勤先の部活動が楽しかったらしく、中学は部活でやりたい、と。お父さんは反対したそうですが、結局は本人の意思を尊重して部活で活動することになりました。
その部活動にはB君が所属していました。小学校時代10センチ以上あった身長差は再会したときにはゼロ。B君はA君とほぼ同じ身長になっていました。

1年後、3年生になった頃にフィジカルは逆転。3年生になるとJ下部のジュニアユースが入ってくるので部活動の子が県トレセンに選ばれるのは難しいのですが、B君は県トレセンに選ばれて活躍、4月からは高校サッカーで有名な高校に進学予定です。A君は県トレセンには選ばれず地区トレセンでした。

B君は成長前は大したことない選手でしたが、身体の成長とともに選手としても飛躍的に成長しました。もちろん、本人の絶え間ざる努力があったことと思いますが、フィジカル的成長がサッカー選手としての評価に直接結びついた典型例と思います。


第二次性徴を迎えていない子が終えた子に負けてしまうのはある意味当然とも言えますし、評価されにくい傾向があるのは仕方ない部分があります。
最近、特にトレセンやセレクションのキーワードで本ブログに来られる方が多いので、あまり焦ることはないと一言言いたく、本記事を書いてみました。
来期のトレセンに向けて気になっている方が多いようなので。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


真央ちゃん [サッカー以外のスポーツ]

こんなに日本人に愛されてるスポーツ選手っているのかしら?
サッカー選手でいるか?

カズ?
ゴン?
ホンダ
香川

どう見ても真央ちゃんほど愛されてるとは思えない。

うーん、老若男女、日本人なら、みんな真央ちゃんのフリーの演技直後の涙と、その後の笑顔にじーんと来たよね。

子供の頃から見てるから?それなら卓球の愛ちゃんだってそうだけど、真央ちゃんほど愛されてるとは思えないなあ

イチロー

愛されキャラとは思えんしなあ

日頃から不思議だったんだけど、真央ちゃんを応援してない人に逢ったことがない。
わたしが接する人はみんな真央ちゃんを応援してる。

こんなスポーツ選手、ちょっと他に思いつかない。

そう考えると偉大なアスリートだなあ

サッカー選手でもこれくらい愛される選手が今後出てるのか?

やっぱ可愛いキャラじゃないと無理かな(笑)っつーと男じゃ無理だからサッカー選手や野球選手じゃ無理ってことかもね。

女性から見てもかわいいって思われるようじゃないと駄目だから、難しそうだ。

あれだ、たぶん、顔じゃなくて、中身がかわいいと思わせるからかも。

最後に笑顔見れて、ホッとした。
今回のオリンピック全ての中で、真央ちゃんの笑顔が見れた瞬間が一番のハイライトだったな。

4年後韓国での開催だから、ろくなオリンピックにならないだろうけど、また真央ちゃんの笑顔が見れるといいなあ、と思います。


今日はサッカーの話題じゃなくてごめんなさい。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

適正ポジション04 [ジュニアユース]

前回まで視野に限定した適性ポジションについて書いてみましたが、今回は別の面で考えたいと思います。

最初から読んでくださっている方なら、何度か適正ポジションについて書いてますから読まれているでしょうが、そもそも適正ポジションというのが本当にあるのか?という視点に立って考えてみたいと思います。

というのも現代サッカーにおいては大きく攻撃と守備という役割り分担はあるものの、一昔前のような明確なポジションごとの役割の比重は減っています。
本当にどこのチームを見ても(強豪は)ポゼッションサッカーをしています。

ジュニア年代は強豪でもまだ一人に頼るサッカーをする所や、カウンターサッカーをしているところもありますが基本ポゼンションサッカーになっていますし、ジュニアユース年代になると強豪はどこも基本ポゼッションサッカーをしています。
クラブチームはもちろん、中体連の中学チームでもそうです。

例えばバルサの0トップ。
4-6-0ですよ(笑)
形的には4-3-3や4-2-3-1に見えたりしますけど、ポジションチェンジ繰り返すし、メッシなんて好きな場所に自由に動いてるからやっぱり0トップなんかな。

こういうサッカーが現代サッカーの典型ですし、一人の能力に依存せずに強いチームを作れることから現在育成年代でも主流になりつつあるサッカーです。

で、こういうサッカーの場合、細かくわける適性ポジションなんてーのはあまり意味をなさないのかもしれない、と思うことも。
なんせディフェンスライン以外全員中盤です。
ディフェンスラインも参加してのパス回しからチャンス作るやりかたを見ていると、ポジション的特性なんか必要ないのか?などと思ってしまうこともあります。

某J下部のジュニアユースの練習では、全員が同じ練習を徹底して行っています。
徹底的にパスを回す練習をしていますね。
ほとんど技術的には同じ能力を求めてるようにしか見えません。
パスを受けるべき場所に素早く移動してワンタッチ、もしくは2タッチで味方にボールを渡す。本当にこればっかりやっています。
5-2にはじまり3-3-3とか、または4角形にマーカーをおいてマーカーごとにボールをワンタッチでやりとりしながら次のマーカーにボールを渡すなど、バリエーションは色々ありますが、基本的にはトラップ&パス。
本当にこればかりを徹底的に行っています。

技術的には全員同じものを訓練で持たされているかのようです。

実際の試合では、一応決まったポジションに配置されるのですが、その配置の仕方は純粋にフィジカル的要素(足の速さ含む)で決まる感じです。
そしてポジションを入れ替えても誰がどのポジションに入っても戦い方は全く同じが理想。←該Jユース監督談

ジュニア世代においては全てのポジションを経験させるべき、という考え方に通じるものがありますね。というか同じ育成方針ですね。

こういう現代サッカーが主流な今、適正ポジションとか、ポジションごとの職人というか、そういうのは時代遅れなのかもしれません。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

適正ポジション03 [少年サッカー]

続いてDFについてですが、視野的特性というものはあまり関係ないポジションかと思います。特にセンターバックについては。ピンポイントで見るタイプの選手でも前だけ見れれば良いので前もって十分位置関係は把握可能です。強いて言うならばセンターバックのコンビはチェックに行くのはピンポイントでタイプで、カバーするのが全体を見るタイプが良いのかと思います。

ま、通常はフィジカル的特性でコンビ組ませると思うんですけどね。


ではサイドバックはどうでしょうか?サイドバックは攻守あるので、視野的特長というよりもやはり走力なんかのほうがずっと重要な気がします。
しかし、サイドを駆け上がるような攻撃時に中にクロスを入れるようなケースでニア、中央、逆サイドに3人の味方が走りこんだときに瞬時に一番フリーな選手を見極める視野が欲しいところです。
その場合は全体でモノを見るタイプの選手の方が適しているような気がします。

3回に渡って視野に限定してポジションの適正を考えてみましたが、いかがでしょうか?

まあ、大体のコーチは中盤に置く選手は、「見えていること」を要求しているようなので、そんなに間違ったこと言ってないと思いますけど^^


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

適正ポジション02 [少年サッカー]

前回は中盤について書いてみましたが今回は1列目、すなわちFWについて書いてみます。FWでも特に真ん中のセンターFWについて考えてみたいと思います。

ところで前回の絵すぐに読めましたか?^^LIFEです。

何が書いてあるかすぐにわからないタイプがトップに向いてるのじゃないかと思ってるんですよ。典型的な狩猟タイプの遺伝子を受け継いでいる人間です。
ボールとゴールしか興味ないかのように周りは眼中にないようなプレーヤーです。

常にゴールの位置だけ見ていてボールが自分に入ればとにかく得点を狙うなんてのは、まさに狩人ですね^^

息子がよくゴール前で自分で打たずにパスを選択することがあるのですが、曰く「オレが打つよりも彼のほうが確実に点が入る位置にいた」とか。

まー、歯がゆいというかイライラするというか、駄目だな、こいつは!なんて思ったりもするのですが、たぶん彼のほうが正しいのかもしれません。
おそらくボールが自分に入ったときに味方が視界に入ってるからなのかと。
そこでいつも思うのですよ、こいつはFWの適正ねーんだなーと。
FWに適正がある子ってーのは、そこで打つ子だよな、と思うわけです。

意識としては彼は「オレが決める!」なんですけど、それが瞬間瞬間のプレーに出てこないんですね。これはなんなのかと。

それが適正というものなのかと。

FWなんてのは四の五の言わずにゴールだけを常に狙うような子が良いのかもしれないなあ、と思います。

プロで最高の確立で3割くらい。2割5分の確立があれば一流のFWです。
つまり4本打って1本入れば一流ですが、3本外したことを気にしないタイプの子がベストかな。反省さえもせずに次決めることしか考えてないようなメンタルの子がいれば、きっとその子はセンターFWとして成功すると思います。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


適正ポジション01 [少年サッカー]

ディフェンスと中盤とトップ。
おおまかに3列に分けたときにポジションによる選手の適正みたいなものがあるのではないかと。
今回は中盤について少し。
ただし、あくまでも私の戯言程度の内容ということを最初にお断りしておきます。

視野の問題なのですが、大体男性は物をピンポイントで見る傾向があります。引き出しの中の探し物を、どこだ?どこだ?と端から端まで探すことありませんか?それで奥方に「おーい、ないじゃんよ!どこにあんだよ?」と聞くと「その引き出しにあるってばー」と言いながら引き出しを見て数秒で「ほら、ここにあるじゃない!」なんて経験ありませんか?

これは男性がピンポイントでモノを見るのに対して、女性がモノを全体で見るからだそうです。

男性が何故ピンポイントでモノを見て、女性は全体で捉えるのかというと、あくまで仮説ではありますが、どうも太古の時代の名残のようです。
まだ人間が狩をして生きていた太古の時代、狩猟時にはピンポイントで獲物を見ることが求められます。なので男性はモノをピンポイントで見る能力が発達した、と。そういうDNAを受け継いだ男性はモノをピンポイントで見るとのこと。それに比して女性は危険を察知するために全体を見渡す能力が発達したとのこと。

確かに、モノを見る見方は少し違うようです。
この絵を見てください。
images (1).jpg

この絵の中に何が書いてあるかすぐにわかりますか?
男性脳とか女性脳という区別で紹介することも多いようですが、これサッカーに凄く関係しているような気がするのですよ。いわゆる視野の問題として。

中盤でプレーするならば、視野が広いことが特に求められます。この際足元の技術云々は置いておいて視野だけに限定して話を進めます。

中盤では360度見ないといけません。その際、一瞬で手前のディフェンスだけではなく、その奥に位置する味方やその味方の奥に位置する相手選手まで「見える」ことが理想です。
よく「ピッチを俯瞰している」という表現を聞きますが、そういう視野が特に中盤には求められます。

こういう視野はトレーニングで身に付くのか?

ある程度は身に付くとは思いますが、やはり適正というものが大きく関係するように思います。女性的な全体でモノを見る能力が、まさに中盤の適正に求められるのではないかと考えています。

先ほどの絵ですが、もちろん女性でも見えない人はいますし、男性でもすぐに読める人もいるんです。(あくまで傾向の問題として男性的、女性的と言ってはいます)

参考までに、我が家では女性3人と息子は一瞬で読めました。私と父はなかなか読めませんでした。

以前息子に、「おまえ相手ディフェンスと対峙してるとき、奥にいる味方とか見えてるの?」と聞いたことがあります。息子は「???どういうこと??」と質問の意味がわからなかったようでした。何故わからなかったのかというと、見えないことが理解できないからでした。「見えなかったらどうやってスルーパス出すのさ?」とのこと。

そう、私は全体を見る能力はありません。そのせいかサッカーをやっていたころはFWでした。ゴールしか見ていなかったですね、というか周り見れていませんでした(笑)
相手ディフェンスと対峙したら、その相手しか見えていません。奥にいる味方などまったく見えてなかったと思います。たぶん、私のようなタイプは中盤は向かないと思うわけです。

モノをピンポイントで見るタイプの子は中盤に適正はないと思うのです。中盤に適正のあるタイプはモノを全体で見る女性的視野の持ち主と思うのです。

まー、専門家ではないのでわかりませんけど、わたしはなんとなくではありますが、中盤の適正は視野によって決まるのではないかと考えています。

なんと書いてあるかは次回にでも^^

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


記事を書き終えてネットサーフィンしているときに、当ブログのリンク集にあるサッカー小僧を熱烈に応援する!!ページに周辺視野を広げるトレーニングという今回の記事にタイムリーな情報があったのでトラックバックしてみました。
どうやら視野を広げるトレーニングというのがあるようですね。参考になりますので是非!

こちら

サッカーにおけるスピード [少年サッカー]

前回は子供の成長スピードについて書きましたが、
スピードということで、サッカーにおける様々な速さについて少し書いてみます。

あの子はスピードがあるなあ、とか
あの子は早いなあ、とか
すばやいなあ、とか
まあ、色々表現はあると思いますが、サッカーについての速さについて。

まずはスピード。これは単純に走る速さを示します。100M走のタイム順になるのがいわゆるスピードです。

スピードがあればオーケー?
いえいえ、サッカーはそんな単純なものではありません。
100M走では断然勝っている子がサッカーでは速さで負けるのは良くあることです。
どういうこと?
それはクイックネスがとても重要になるのがサッカーだからです。
3Mとか5Mくらいまでの速さと言えばわかりやすいでしょうか。飛び出して瞬時にトップスピードに持って行く能力とでも言いましょうか。
人類一スピードを持っているのはウサイン・ボルトですが、彼より高いクイックネスでボルトに競り勝てるサッカー選手は沢山います。

クイックネスは大柄な子や体重のある子は苦手な分野かもしれません。

クイックネスも優れておりスピードもずば抜けていれば無敵か?
いえいえ、サッカーはそんな単純なものではありません。

スピードやクイックネスで劣る選手が簡単に相手を抜き去ることが可能なのがサッカーです。それがアジリティです。俊敏性とか機敏性とか敏捷性とか訳すのですが、サッカーはボールを扱うスポーツなのでこの能力がとても重要になります。ボディバランスが優れていることが大事ですね。

もちろん、クイックネスが優れている子の方が高いアジリティを身につけやすいですが、サッカーの場合ボールを足で扱うという特性上、足元の技術が伴わないと発揮できないのがアジリティといえるかもしれません。

瞬時の左右の切り返しや突然のダッシュやブレーキ、スピードに乗った状態からの瞬間的な方向転換などの能力という感じでしょうか。
これをボールを持ったまま行う能力ですので、ボディバランスと足元の技術が非常に重要になります。
そしてこのアジリティが高い子は、クイックネスやスピードが劣っていても、相手を抜き去ることが可能です。

では、スピード、クイックネス、アジリティ全部優れていれば最強か?
いえいえ、サッカーはそんな単純なものではありません(笑)

この三つの速さが劣っていても相手に勝てる、もう一つ一番大事な速さがありますね。

状況判断の(正確性と)速さです。

クイックネスが劣っていても、一歩早く動き出せればいいのです。そのためには状況を読む能力とその状況判断を下して次に取る行動を決定するスピードが必要です。

俗に頭の良い選手、なんて呼ばれていますね。真っ先に浮かぶ有名選手は、遠藤選手ですね。遠藤選手には申し訳ないですが、彼はスピードも、クイックネスもアジリティも全部大したことないですね。しかし、日本代表不動のボランチです。彼には状況判断の速さというずば抜けた能力があるのです。

どうしてもスピードで負けてしまう子は、この状況判断のスピードを鍛えましょう。
一歩早く出れば先にボールに到達できる、それがサッカーですから。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。