So-net無料ブログ作成
検索選択

持ちすぎるな [少年サッカー]

良く試合中などで、「持ちすぎ!!」と声をかけられる子いますよね。
大抵ドリブルして相手に突っかけてボールを失った後にかけられる言葉ですね。
その際良い位置に味方がフリーでいた場合などコーチの声には更に怒気を含みますね(笑)

小学生などの年代では、この持ちすぎ!って怒る指導に私は少し疑問を持っています。
もちろん、自陣やセンターサークル付近でこれをやると私も思います、そこでドリブルしてどうすんだよ、と。
ケース・バイ・ケースではあると思うのですが、バイタルエリア内からの攻撃ではどんどん仕掛けさせて良いと思うんですよ。

日曜のウルグアイ戦見てたときも凄く感じました。香川がいないと仕掛ける選手がいない。ゴール前で仕掛けるということはリスクを冒すということです。リスクを冒すということは、言ってみればギャンブルです。賭けに勝てばビッグチャンスなんですよ。

代表に仕掛ける選手がいなくて淋しいと思うのは私だけではないはず。

やはり子供のころから仕掛けることを否定されながら成長した結果か?などと思わないこともなかったり。

まあ、代表の試合で仕掛けて失ってカウンター食らって失点ばかりしていたら、間違いなくもう代表には呼ばれなくなりますけどね。
そして私も、てめーは仕掛けるんじゃねえよ!どうせボール失うだけなんだからよ!などとテレビに向かって怒声を浴びせてるかもしれません(笑)

しかしですよ?ジュニア年代においてはどんどん仕掛けるということをさせるべきです。だって育成なんですから。3回に1回しか成功しないとおそらくコーチは怒ります。でも、続けさせることによって3回に2回になるかもしれない。4回に3回になるかもしれない。そして、仕掛けるべき時と仕掛けるべきでない時の判断力が養われるかもしれない。

ここが今日言いたい一番のポイント

判断力の向上って、失敗を繰り返すことによって養われるものではないのかしら?

ジュニア年代ではこの判断力の有無が選手として大きくモノを言います。最初から判断できてる才能のある子も現実にいるんですけど、やっぱりこの判断力を養うための失敗を大きな目で見守ることが育成にとってはとても大事なんじゃないだろうか。



うちの息子に、「おい、なんであのケースで仕掛けなかったんよ?あのボランチ抜いてサイドに出せばどフリーだったやんけ」
「1点勝ってるのにそこでオレが失ったら同点になっちゃうよ、あのボランチ強かったもん」ですと。
ま、もうジュニアユース年代なので息子が正しいのかもしれませんが、どうしても心の中で出てしまうオヤジの言葉。

根性ねーなあ、戦えよっ!!

いや、うん、息子君が正しいのはわかってるんだけど・・・最近大人ぶったサッカーばかりして見てて面白くねーよ
まだガキなんだからどんどんリスク冒せよ!、と。

もう小学生ではない息子には言いませんけどね・・・

でもさ、ナイキも言ってるじゃん、リスク上等!って。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

サッカーの試合は発表会じゃないって。 [少年サッカー]

先日私の後輩に、息子のチームを変えようと思ってるんですよ、と相談を受けました。
話を聞いてみると、現在のチームは全日小などの予選のような大きな公式戦以外は選手全員を試合に出すチームとのこと。
彼の息子はトップの選手なので中盤に力のない子が入ると思うようなプレーが全然出来ません。
そして彼の息子は本気でサッカーを頑張っているサッカー小僧です。
もともと現在のコーチは試合(ローカルなカップ戦も含めて練習試合以外の)には力のある子供だけで臨む方針だったそうです。点数差が大きくなった場合には頑張っている子を数人交代させるレベルだったそうです。

それが今年の4月から入ってきた子の親のクレームで変更を余儀なくされるような状況になったようです。もともと試合に出られない子供の親たちも不満を持っていたようで、その親の「公平に出せ!」というクレームに乗っかり始めます。親は公平に当番をやってるんだ、子供も公平に試合に出すべきだ、との主張だそうです。

まあ、よくある話ですね。

このブロクは「本気で頑張ってるサッカー少年を子供に持つ親バカどもに捧げるブログ」です。
当然、こういう親を私はクレーマーと考えます。
遊び程度にサッカーをやってる子も本気でやってる子も同じ扱いをして良い訳ないのです。

運動会の徒競走で順位をつけない学校がある、という話を聞きますね。(ホントか?)
曰く「順位付けは差別につながる、公平に扱わないといけない」とかw

それなら学力テストも廃止しなきゃいけないし、受験も廃止しないといけない。
大学まで全て地元の公立大学で行きたい人は全員入学オーケーとかねw
通信簿自体廃止!w

ばかばかしい。

ピアノの発表会と一緒にしてはいけないんですよ。サッカーの試合は発表会ではないんです。
もちろん、ピアノを真剣にやっている子にはきちんとコンクールがあります。
サッカーの試合はこのコンクールと同じなんです。
このコンクールに出せ!とクレーム入れてるようなもんです。

で、その後輩にどうアドバイスしたか?
まずはコーチと話せ、と。
その結果「全員出す」という方針を変えられない場合は、移籍しろ、と。
以前にも書きましたが、ゴールデンエイジってたった3~4年です。
その大事な期間に明らかに成長を阻害する要因があるならば、親はそれを取り除いてあげることが大事です。
下手な子であろうが全員出すチームより上手な子だけしか出られないチームにいるほうが絶対に成長できます。
例え、そのチームでは他の子が上手で試合に出られなくても、です。
試合に出るために必死に練習し競争の中に身を置く事になれば、発表会しか行わないチームよりずっと成長できるのは明らかです。

とはいえ、発表会しか行わないチームがあっても良いと思います。
楽しくサッカーしよう!も大事なことですしね。

しかし、スポーツって勝つために、試合に出るために、必死で練習する。
その必死に練習して頑張ることがその子供の将来の糧になるのだと私は思います。
サッカー選手になるわけではない、ごもっとも。
それでも必死に練習に打ち込むことが一番大事なんですよ。


公平に全員試合に出す?・・・サッカーの試合は発表会じゃねえって。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スパイク選び03 [スパイク]

またまたしばらくぶりの更新になってしまいました。

さてスパイクについてですが、しばらくぶりでどこまで書いたか忘れてしまった(笑)
先日息子のスパイクをネットで探していたところ、アディダスのAGのソールなるスパイクを発見しました。
色々検索をかけるとかなりの数のAGソールのアディダスを発見。

ん?んー???

アディダスに人工芝専用ソールのAGソールのスパイクなんてあったっけ?
こんなにたくさん検索でヒットするってオレが知らなかっただけ?

偽物?

例えばココとかココ

アディダスにメールして聞いてみました。
すぐに返事が来まして、偽物だそうです。法的処置を取る準備しますとか書いてありました。
当社にはAGソールの製品はありません、とのこと。

ネットでスパイクを購入する場合はこのような偽物スパイクが蔓延っていますので十分注意が必要です。信用のあるところを利用しないと偽者をつかまされる可能性がありますのでお気をつけくださいませ。

正規品でこんなスパイクありませんので絶対買わないように!^^
goods61912.jpg



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。