So-net無料ブログ作成
検索選択
少年サッカー ブログトップ
前の10件 | 次の10件

成長による進化 [少年サッカー]

小学生5,6年~中学校1年生までに第二次性徴を迎えますが、まだの場合身体的には子供のままです。成長のスピードはそれぞれですし、遅くても早くてもあまり通常は問題になりませんが、ことサッカーに関して云うと不利な場合が多いですね。

ジュニア~U13くらいまでは大人の体つきになりつつある子と依然として子供の体つきの子が混在するサッカーとなります。
去年の全日小の決勝戦をネットで見ましたが、子供の中に大人が数人入っているような状態でした。鹿島名古屋の決勝戦でしたが、鹿島の170センチ以上ありそうなディフェンダーのヘディングでの得点など、成長スピードが速いが故の得点と言えそうです。
どうしても、フィジカル優位の子が勝ってしまう傾向があります。


小学校時代同級生だったA君とB君の話を実例で紹介します。

A君は某J下部のジュニアに所属していました。身体も大きく足も速くチームでもFWとしてレギュラーでした。
B君は近所の少年団に所属し、MFのサイドとして頑張っていましたが、身体が小さく細かったし、遠慮がちな子だったので余り目立つ子ではなく地区トレセンはおろか市トレセンにも落ちるような子でした。

A君はジュニアユースに内定が出ていたそうですが、お父さんの転勤に伴い引っ越すことになり該ジュニアユースで活動できなくなり転勤先の中学の部活に進んだそうです。
しかし、お父さんの転勤は予定とは異なり1年で終了、戻って来ることになりました。ジュニアユースは受け入れてくれることになったそうですが、本人が部活でやりたい、と言い出しました。転勤先の部活動が楽しかったらしく、中学は部活でやりたい、と。お父さんは反対したそうですが、結局は本人の意思を尊重して部活で活動することになりました。
その部活動にはB君が所属していました。小学校時代10センチ以上あった身長差は再会したときにはゼロ。B君はA君とほぼ同じ身長になっていました。

1年後、3年生になった頃にフィジカルは逆転。3年生になるとJ下部のジュニアユースが入ってくるので部活動の子が県トレセンに選ばれるのは難しいのですが、B君は県トレセンに選ばれて活躍、4月からは高校サッカーで有名な高校に進学予定です。A君は県トレセンには選ばれず地区トレセンでした。

B君は成長前は大したことない選手でしたが、身体の成長とともに選手としても飛躍的に成長しました。もちろん、本人の絶え間ざる努力があったことと思いますが、フィジカル的成長がサッカー選手としての評価に直接結びついた典型例と思います。


第二次性徴を迎えていない子が終えた子に負けてしまうのはある意味当然とも言えますし、評価されにくい傾向があるのは仕方ない部分があります。
最近、特にトレセンやセレクションのキーワードで本ブログに来られる方が多いので、あまり焦ることはないと一言言いたく、本記事を書いてみました。
来期のトレセンに向けて気になっている方が多いようなので。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


適正ポジション03 [少年サッカー]

続いてDFについてですが、視野的特性というものはあまり関係ないポジションかと思います。特にセンターバックについては。ピンポイントで見るタイプの選手でも前だけ見れれば良いので前もって十分位置関係は把握可能です。強いて言うならばセンターバックのコンビはチェックに行くのはピンポイントでタイプで、カバーするのが全体を見るタイプが良いのかと思います。

ま、通常はフィジカル的特性でコンビ組ませると思うんですけどね。


ではサイドバックはどうでしょうか?サイドバックは攻守あるので、視野的特長というよりもやはり走力なんかのほうがずっと重要な気がします。
しかし、サイドを駆け上がるような攻撃時に中にクロスを入れるようなケースでニア、中央、逆サイドに3人の味方が走りこんだときに瞬時に一番フリーな選手を見極める視野が欲しいところです。
その場合は全体でモノを見るタイプの選手の方が適しているような気がします。

3回に渡って視野に限定してポジションの適正を考えてみましたが、いかがでしょうか?

まあ、大体のコーチは中盤に置く選手は、「見えていること」を要求しているようなので、そんなに間違ったこと言ってないと思いますけど^^


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

適正ポジション02 [少年サッカー]

前回は中盤について書いてみましたが今回は1列目、すなわちFWについて書いてみます。FWでも特に真ん中のセンターFWについて考えてみたいと思います。

ところで前回の絵すぐに読めましたか?^^LIFEです。

何が書いてあるかすぐにわからないタイプがトップに向いてるのじゃないかと思ってるんですよ。典型的な狩猟タイプの遺伝子を受け継いでいる人間です。
ボールとゴールしか興味ないかのように周りは眼中にないようなプレーヤーです。

常にゴールの位置だけ見ていてボールが自分に入ればとにかく得点を狙うなんてのは、まさに狩人ですね^^

息子がよくゴール前で自分で打たずにパスを選択することがあるのですが、曰く「オレが打つよりも彼のほうが確実に点が入る位置にいた」とか。

まー、歯がゆいというかイライラするというか、駄目だな、こいつは!なんて思ったりもするのですが、たぶん彼のほうが正しいのかもしれません。
おそらくボールが自分に入ったときに味方が視界に入ってるからなのかと。
そこでいつも思うのですよ、こいつはFWの適正ねーんだなーと。
FWに適正がある子ってーのは、そこで打つ子だよな、と思うわけです。

意識としては彼は「オレが決める!」なんですけど、それが瞬間瞬間のプレーに出てこないんですね。これはなんなのかと。

それが適正というものなのかと。

FWなんてのは四の五の言わずにゴールだけを常に狙うような子が良いのかもしれないなあ、と思います。

プロで最高の確立で3割くらい。2割5分の確立があれば一流のFWです。
つまり4本打って1本入れば一流ですが、3本外したことを気にしないタイプの子がベストかな。反省さえもせずに次決めることしか考えてないようなメンタルの子がいれば、きっとその子はセンターFWとして成功すると思います。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


適正ポジション01 [少年サッカー]

ディフェンスと中盤とトップ。
おおまかに3列に分けたときにポジションによる選手の適正みたいなものがあるのではないかと。
今回は中盤について少し。
ただし、あくまでも私の戯言程度の内容ということを最初にお断りしておきます。

視野の問題なのですが、大体男性は物をピンポイントで見る傾向があります。引き出しの中の探し物を、どこだ?どこだ?と端から端まで探すことありませんか?それで奥方に「おーい、ないじゃんよ!どこにあんだよ?」と聞くと「その引き出しにあるってばー」と言いながら引き出しを見て数秒で「ほら、ここにあるじゃない!」なんて経験ありませんか?

これは男性がピンポイントでモノを見るのに対して、女性がモノを全体で見るからだそうです。

男性が何故ピンポイントでモノを見て、女性は全体で捉えるのかというと、あくまで仮説ではありますが、どうも太古の時代の名残のようです。
まだ人間が狩をして生きていた太古の時代、狩猟時にはピンポイントで獲物を見ることが求められます。なので男性はモノをピンポイントで見る能力が発達した、と。そういうDNAを受け継いだ男性はモノをピンポイントで見るとのこと。それに比して女性は危険を察知するために全体を見渡す能力が発達したとのこと。

確かに、モノを見る見方は少し違うようです。
この絵を見てください。
images (1).jpg

この絵の中に何が書いてあるかすぐにわかりますか?
男性脳とか女性脳という区別で紹介することも多いようですが、これサッカーに凄く関係しているような気がするのですよ。いわゆる視野の問題として。

中盤でプレーするならば、視野が広いことが特に求められます。この際足元の技術云々は置いておいて視野だけに限定して話を進めます。

中盤では360度見ないといけません。その際、一瞬で手前のディフェンスだけではなく、その奥に位置する味方やその味方の奥に位置する相手選手まで「見える」ことが理想です。
よく「ピッチを俯瞰している」という表現を聞きますが、そういう視野が特に中盤には求められます。

こういう視野はトレーニングで身に付くのか?

ある程度は身に付くとは思いますが、やはり適正というものが大きく関係するように思います。女性的な全体でモノを見る能力が、まさに中盤の適正に求められるのではないかと考えています。

先ほどの絵ですが、もちろん女性でも見えない人はいますし、男性でもすぐに読める人もいるんです。(あくまで傾向の問題として男性的、女性的と言ってはいます)

参考までに、我が家では女性3人と息子は一瞬で読めました。私と父はなかなか読めませんでした。

以前息子に、「おまえ相手ディフェンスと対峙してるとき、奥にいる味方とか見えてるの?」と聞いたことがあります。息子は「???どういうこと??」と質問の意味がわからなかったようでした。何故わからなかったのかというと、見えないことが理解できないからでした。「見えなかったらどうやってスルーパス出すのさ?」とのこと。

そう、私は全体を見る能力はありません。そのせいかサッカーをやっていたころはFWでした。ゴールしか見ていなかったですね、というか周り見れていませんでした(笑)
相手ディフェンスと対峙したら、その相手しか見えていません。奥にいる味方などまったく見えてなかったと思います。たぶん、私のようなタイプは中盤は向かないと思うわけです。

モノをピンポイントで見るタイプの子は中盤に適正はないと思うのです。中盤に適正のあるタイプはモノを全体で見る女性的視野の持ち主と思うのです。

まー、専門家ではないのでわかりませんけど、わたしはなんとなくではありますが、中盤の適正は視野によって決まるのではないかと考えています。

なんと書いてあるかは次回にでも^^

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


記事を書き終えてネットサーフィンしているときに、当ブログのリンク集にあるサッカー小僧を熱烈に応援する!!ページに周辺視野を広げるトレーニングという今回の記事にタイムリーな情報があったのでトラックバックしてみました。
どうやら視野を広げるトレーニングというのがあるようですね。参考になりますので是非!

こちら

サッカーにおけるスピード [少年サッカー]

前回は子供の成長スピードについて書きましたが、
スピードということで、サッカーにおける様々な速さについて少し書いてみます。

あの子はスピードがあるなあ、とか
あの子は早いなあ、とか
すばやいなあ、とか
まあ、色々表現はあると思いますが、サッカーについての速さについて。

まずはスピード。これは単純に走る速さを示します。100M走のタイム順になるのがいわゆるスピードです。

スピードがあればオーケー?
いえいえ、サッカーはそんな単純なものではありません。
100M走では断然勝っている子がサッカーでは速さで負けるのは良くあることです。
どういうこと?
それはクイックネスがとても重要になるのがサッカーだからです。
3Mとか5Mくらいまでの速さと言えばわかりやすいでしょうか。飛び出して瞬時にトップスピードに持って行く能力とでも言いましょうか。
人類一スピードを持っているのはウサイン・ボルトですが、彼より高いクイックネスでボルトに競り勝てるサッカー選手は沢山います。

クイックネスは大柄な子や体重のある子は苦手な分野かもしれません。

クイックネスも優れておりスピードもずば抜けていれば無敵か?
いえいえ、サッカーはそんな単純なものではありません。

スピードやクイックネスで劣る選手が簡単に相手を抜き去ることが可能なのがサッカーです。それがアジリティです。俊敏性とか機敏性とか敏捷性とか訳すのですが、サッカーはボールを扱うスポーツなのでこの能力がとても重要になります。ボディバランスが優れていることが大事ですね。

もちろん、クイックネスが優れている子の方が高いアジリティを身につけやすいですが、サッカーの場合ボールを足で扱うという特性上、足元の技術が伴わないと発揮できないのがアジリティといえるかもしれません。

瞬時の左右の切り返しや突然のダッシュやブレーキ、スピードに乗った状態からの瞬間的な方向転換などの能力という感じでしょうか。
これをボールを持ったまま行う能力ですので、ボディバランスと足元の技術が非常に重要になります。
そしてこのアジリティが高い子は、クイックネスやスピードが劣っていても、相手を抜き去ることが可能です。

では、スピード、クイックネス、アジリティ全部優れていれば最強か?
いえいえ、サッカーはそんな単純なものではありません(笑)

この三つの速さが劣っていても相手に勝てる、もう一つ一番大事な速さがありますね。

状況判断の(正確性と)速さです。

クイックネスが劣っていても、一歩早く動き出せればいいのです。そのためには状況を読む能力とその状況判断を下して次に取る行動を決定するスピードが必要です。

俗に頭の良い選手、なんて呼ばれていますね。真っ先に浮かぶ有名選手は、遠藤選手ですね。遠藤選手には申し訳ないですが、彼はスピードも、クイックネスもアジリティも全部大したことないですね。しかし、日本代表不動のボランチです。彼には状況判断の速さというずば抜けた能力があるのです。

どうしてもスピードで負けてしまう子は、この状況判断のスピードを鍛えましょう。
一歩早く出れば先にボールに到達できる、それがサッカーですから。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

子供の成長スピード [少年サッカー]

先日息子のプレーを久しぶりに見に行ったんですが、やはり良いものですね。
年末年始忙しく11月の終わりだったか12月の最初だったか、それ以来だったのですが、随分進歩しているものです。

おそらく2ヶ月近くも息子のプレーを見なかったのは小学校2~3年生以来かもしれません。
毎週見に行っていると気づかないことを気づかせてくれるものですね。

成長の度合い、それを見るためには2ヶ月くらい間を空けるのも良いかも知れません。
ビデオを見るとわかったりしもしますけど。

毎週見に行ってると、なかなか成長具合はわからないものです。毎週だとイライラして見ていたりするのですけど(笑)、こないだは、おおー、やるじゃねえか、と唸るプレーを連発で見せてくれました。
この2ヶ月でトラップ技術などはワンランク上がったかな?という進歩ぶりでした。

で、思ったのですよ。この2ヶ月毎週試合を見に行けてたとしたら、こんな風に進歩を認めてあげられたのかな?と。
たぶん、気合がたんねえよ、とか駄目だししてたんじゃないかな?と。

よく戦うライバルチームの上手な子を、半年振りとかに戦ってみて、「あの子上手くなってるなあ」と感心したことありませんか?

自分の息子は上手にならねえなあ、とか。

たぶん、相手のオヤジも同じ事を思ってるのかもしれません。

オレが思ってるより、ずっと、こいつの成長スピードは早いのかもしれないな。そんなことを思わされた一日でした。
やっぱり親は見守る、がベストなのかも。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

子供の将来を考える01 [少年サッカー]

本気でプロを目指しているサッカー小僧を持つオヤジどもの共通の不安としては、プロになれなかった場合の子供の将来だと思います。
たぶん、みんな思っていますよね。

東大生は毎年3000人誕生します。
Jリーガーは?

毎年150人くらいでしたっけね?

東大目指した方が20倍簡単かも(笑)


プロになれたとしても300万にも満たない年収で実働3年で引退、なんてそこらじゅうに転がっている話です。

子供の将来を本気で考えてるまともな親なら、こんな道に進ませようなんて正気の沙汰じゃない?(笑)

いや、そこは男の浪漫だろ!

「あんた息子が大怪我したらどうするのよ?!!」
「怪我なんかしねーよ・・・・たぶん・・・」
「あんたの友達(わたしよりずっと若い)プロから声かかるほどの選手だったのに、高校時代に靭帯切れてサッカーできなくなったの忘れたの?そうなったらどうすんのよ?」
「・・・・・・」
「大体プロになれる保障なんてまったくないのにどうかしてる!」
「やつならなれるよ・・・」
「あなた、本気で息子くんの将来考えてるの?」
「考えてるから勉強もちゃんとさせてるだろーが!」
「ま、○○高校に入れるように勉強させるなら、サッカーは好きにしていいけどね。」

こうやって嫁に責められる仲間も多いかと(笑)

会話にも出しましたが、怪我の問題もあります。

本気でプロを目指す?

ええ、そうですとも!
息子が本気で目指してるんですから!
オヤジとしては徹底サポートするしかねえだろ。

ま、いつ脱落するかは時間の問題かもしれません。
それでもそのときが来るまで、もしかしたら来ないかもしれないし、オヤジはおまえのオフクロを説得しつつ可能な限り応援するぜ!

脱落、挫折、そのときがいつ来るかは神のみぞ知るだ。
人生はいつだって本人次第でやり直せるんだ。
駄目だったらそのとき方向転換すりゃいいんだよな。
そしたら全力で別の道へのサポートをするさ。

息子の寝顔を見つつこうして不安を打ち消すわたしです^^;

やっぱ男の浪漫に抗えるわけねえ(笑)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

高校サッカーとユース [少年サッカー]

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

高校サッカーもベスト4が出揃いました。
京都橘は素晴らしいサッカーをしていますね。
高校サッカーもここのところサッカーが変わってきました。
Jユースと遜色ない、いやそれどころか、凌駕していると思われるようなポゼッションサッカーをするところが出てきていますね。

しばしば話題になる現日本代表の高校サッカー出身率の高さとJユース出身率の低さを頭に入れながら高校サッカーを見るのも興味深いと思います。

技術的にはJユースの方が高いと思いますが、何故一流選手は高校サッカー出身が多いのか?

わたしにははっきりとはわかりませんが、思うに競争率の違いとか。
そしてまだ子供と言える年齢の子にエリート意識を植え付けることのある種弊害のようなものもあるのかと。

J下部をずっと歩いた子(ジュニア、ジュニアユース、ユース)は、プロの卵としてのエリート意識を強く持ちます。また、J側も子供にそういう意識をジュニアの頃から植え付けます。
「君たちは大阪マリノスの一員だ、大阪マリノスのセレクションに選ばれたプロの卵だ。マリノスの一員としての自覚をしっかり持とう!」と小学校4年生の頃から子供たちに植え付けます。
架空のチームにしましたが、実際のチーム全てで行われている事です。

自分に自信を持つことは、上手になるために非常に大事なことです。
しかし、わたしが思うに、自信を持つポイントは「自分のプレーやサッカー選手としての自分の実力」でなければなりません。

組織に誇りを持つことは素晴らしいことと思いますが、本来は組織に属することで自分の価値が高くなるわけではないのです。その組織に属していることで、あたかも自分が一段上にあがったと錯覚する人間は多いことは皆さんも覚えがあると思います。
政府系、マスコミ系、商社系、一流と呼ばれる組織に属する人間は多かれ少なかれこの傾向が見て取れます。
冷静に客観的に自分を見つめることをやめ、その偉大な組織の評価が自分の評価と勘違いしていく傾向があるのです。

これは現実的には全ての組織に当てはまります。
ま、この話をきっちり書くと少年サッカーからずれて元に戻せなくなりそうなので、無理やり少年サッカーに話を戻しますが、サッカーは純粋に実力の世界なのです。
ここがポイントです。
実力の世界では、これはなんの役にも立たないのです。

一部上場の一流商社に属する人間が自分の実力の価値を勘違いしてもあまり問題にはなりません。仕事上の実力がなくても会社の信用で取引をまとめることは可能です。
しかし、サッカーは実力が全て。組織の格などなんの役にもたちません。
大阪マリノスのジュニアユースに所属していてもジュニアユース年代に回りに追い越されてしまえばそれまでの世界です。

そしてユースですが、ほとんどが少数精鋭のエリート軍団という体を取っています。それに比して強豪高校は3軍4軍は当たり前の世界です。強豪校に所属した途端にJジュニアユース出身であっても中学の部活出身であっても同じ扱いになります。レギュラーを取る為に横一線の激しい競争が始まります。そこに必要なのは実力だけ、という厳しい世界です。この競争に勝ち抜いた子だけが選手権のピッチに立てるのです。
片やユースは?そんな競争はありません。競争はセレクションで済んでいるからです。勿論レギュラーと控えという競争はありますが、その競争相手はせいぜい10人とかそんなレベルの話です。(競争相手のレベルは非常に高いですが)

激しい競争を勝ち抜いた子供のメンタルはとても強くなるというのは想像に難くありません。プロになることがゴールではなくプロになってから本当の勝負が始まる実力の世界で、競争を勝ち抜くための努力を散々してきた子たちが、プロの世界でも勝ち抜いていく、というのはない話ではないかな、と思います。想像の域を出ない話ではありますけど。

もちろん、勘違いしたエリート意識をもたずに絶え間ざる努力をしてプロになるユース出身の子も多い(高校サッカーより断然多い)ので、わたしの単なる戯言ですけど。

ただ、一つはっきり言えるのは、メンタルは重要だ、くらいですね^^

ザックジャパンにおいては、ユース出身の柿谷と高校サッカー出身の大迫、この二人に注目するのも面白いかと^^


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

サッカーが上手になる子 [少年サッカー]

サッカーが上手になる子の条件、それはサッカーが大好きなこと。もうこれに尽きます。本当にこのことが全てなんじゃないだろうか。

うちの子のことはこれまで全く当ブログには書いてきませんでしたが、今日は今年最後なので少しだけ書いてみます。
何故書かなかったのかは、身バレの危険性を避けるためです。
当県ではそこそこ有名な選手であることと、わたしの兄弟が某有名クラブで監督をしている関係上、バレると兄弟に迷惑がかかる可能性もあるためです。

さてうちの子ですが、技術的には同年代でいえばおそらく全国レベルの技術を持っています。オヤジの目から見ても、うっめーなあこいつ、と唸ることしばしば。
なぜこんなに上手になったのか。

一言で言うとサッカーが好き過ぎるくらい好きだからです。
幼稚園のころから10年近くになりますが、ボールに触らない日は数えるほどしかありません。
とにかくいつもボールを触っています。
でかける際も絶対にボールを持っていきます。
家の中用のボールもあり家の中でもリフティングしてます。
まだサッカーの試合がそんなに頻繁になかった小学校低学年のころは、休みの日に釣りに連れて行くことも多かったのですが、その際にもボールを持って行きます。

まーこんだけボールに触ってりゃ上手になって当然だわな。
息子を見てきたオヤジの正直な感想です。

雨が降っても軒下でボール触ってます。
雪が降ってもボール持って公園に直行します。
「今日はボールピカピカになる!」と嬉しそうに。
雪の中でサッカーするとボールの汚れが全部落ちるんですね。

学校の成績は?
非常に優秀です。
「宿題やらないとサッカー連れて行かない」
「テストの成績悪かったらサッカー一ヶ月禁止」などと言うだけです。
サッカーをしたいために必死に勉強します。

どんだけサッカー好きなんだよ・・・・

サッカーはおそらくサッカーの上手な順に子供をならべると、練習量と比例するスポーツと思います。(もちろん例外はありますが)
そしてこれだけサッカーが好きだと好きなことをすることが練習そのものなのです。
練習することって一般人からすると嫌なこと面倒なこと大変なことって思うものですが、サッカー大好きな子は練習さえも大好きなサッカーなのです。

才能とかそんなのはたぶんあまり関係ないんじゃないかな。
どれだけサッカーが好きか。それに尽きると思ってます。

それでは皆様、良いお年を!
迎える新年が、オヤジどもとそのサッカーを愛するガキどもにとって実り多き1年となりますように!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

移籍した方が良い?ケース02 [少年サッカー]

前回は暴力的なコーチの話でした。
今回は親の話。

少年団が主な話になりますね。
クラブチームではあまり聞かない話です。

「でしゃばりオヤジ」の話です。

大抵は自分の息子絡みとなります。監督でもないのに練習メニューにまで口を出す。果ては戦術とメンバー決めまで。
ま、程度の差はあるにせよ頭は自分の息子が活躍することでいっぱいです。
そしてあれほど団に口出しをしていたのにも係わらず、子供卒業や他のクラブセレクションに合格でもしようものなら、さっぱり姿を現さなくなる無責任オヤジです。

害がない場合も多くあると思うんです。しかし、害を撒き散らすケースもよくある話です。自分の息子のこと、それしか価値を持たないため他の子の成長などどうでも良いんですよ、このタイプのオヤジは。
試合中の指示まで息子のためなんですから。
他の子のプレーは、息子のためのプレーでしかないため、息子を王様システムの中核に据えようとする傾向があります。「(息子に)パスを出せ!」と怒鳴る特徴があります。息子が出したラストパスが通らない場合は、「(FWなどに)走り出しが遅いよ!ちゃんと準備しろ!」と怒鳴ります。

ま、多少極端に書きましたが、こんなオヤジが幅を効かせてる少年団に入ってしまった場合どうすればよいか?

1.文句を言って、口出しさせないようにする。
2.移籍する。

1.が通った場合はそのオヤジと息子が移籍していくでしょう。
通らない場合は、残念ですが移籍が最善と思います。

息子を成長させたいとオヤジなら誰もが思って少年団にしろクラブにしろ、サッカーができる環境に所属させます。

何度か書きましたが、ゴールデンエイジはたったの3~4年です。
半年でさえ、ストレスまみれになる環境でサッカーするのはもったいないと思います。

でしゃばりオヤジであっても、適切な指導を伴い、他の子の成長を促すに足るでしゃばりならなんの問題もないと思いますが^^


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

前の10件 | 次の10件 少年サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。